ケータリングは富裕層だけのものではありません

自宅やパーティー会場などで作りたてアツアツの料理を提供してくれるケータリングサービス。このサービスはもともと高級ホテルがはじめたといわれています。ホテルの一流シェフの料理を自宅やパーティー会場で楽しめるとして一部の方々から支持を得ていたのです。そして高級ホテルということもあり値段は高く、富裕層の方々の楽しみだったのです。しかし今の時代、富裕層だけのものではなく一般の人まで幅広くこのサービスを利用するようになりました。その理由は昔に比べてお手頃な料金で楽しむ事が出来るようになったことです。昔はホテルのみで行っていたこのサービス、現代ではケータリング専門業者が多数生まれ、誰でも頼む事ができる料金設定になっていったのです。多くの業者の料金の相場は10品ほどで1人2000円程度からとなっており、友人や知人などを自宅に招いて気軽にパーティーを行う時などにケータリングサービスを利用する方は年々増えてきています。これからもますますポピュラーなものとなっていくのではないでしょうか。最近ではお花見の際にこのサービスを利用する方も増えてきています。屋内はもちろん、野外でも使えるというのはとても魅力的だと思いませんか。

ケータリングと富裕層について

ケータリングと富裕層はとても関係性の深いものです。なぜなら、そもそもケータリングというサービスの発祥はヨーロッパの富裕層が自宅でのホームパーティーに料理人を呼んで食事を作らせたということが起源であると言われているからです。最近では一般的なものの他に高級店が出張して行うような富裕層向けのケータリングサービスも行われています。一回につき数十万円かかりますが、お金持ちにしてみれば、それほど高い金額ではないので、利用者もたくさんいます。自宅でパーティーなどを行う機会が多いこうしたお金持ちの人達にとっては、便利で優れているサービスであるということが言えます。実際にお店に何十人もの人が行って利用するということになれば、お店にも迷惑がかかってしまうこともありますが、自宅などに来てもらえば、そんな心配をする必要性がありませんし、友人や仲間と楽しい時間を過ごしていくのに最適なものであるということが言えます。高級住宅地が多い都内を中心として、こうしたサービスはとても人気のあるものになっています。特に高級マンションには、広いバルコニィーがあるような物件もたくさんあるので、こうしたサービスを利用していくにも最適なものになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*