ケータリングは富裕層のものと言うわけではありません

ケータリングと聞くと、富裕層のものだと思っている人も多いです。確かに、高級なレストランの料理を注文する事が出来たり、一流のコックを自宅に呼んだりとする事が出来るため、高級なものであり、お金もかかると認識されている事が多いです。しかし、実はその逆なのです。例えば、高級なレストランに食事をしに行く場合には、サービス料もかかりますし、食事代も結構な金額がかかります。しかし、それをケータリングで頼むと、サービス料など色々な費用がかかりませんので、食べたい料理のみを格安の値段で食べる事が出来るのです。そのため、富裕層のものと言うわけではなく、そうでない人が手軽に味を味わう事の出来るチャンスとなっているのです。憧れのレストランには行くことが出来ないけれど、どうしてもそこの味を知りたいと言うような時にはとても便利なサービスなのです。また、自宅にいながら食べる事が出来るので、気取る事もありません。例えばとりわけをしたいけれど、お店ではマナー違反なので出来ないというような場合でも、自宅ならば誰も見ていないので分けあって食べる事も出来るのです。このようにケータリングは決して富裕層のものと言うわけではなく、気軽に高級店の味を楽しめるものなのです。

ケータリングは富裕層のものだけではありません。

ケータリングと聞くと、皆さんはどのようなものを思い浮かべるでしょうか。恐らくは、調理師の方が自宅やオフィスにやってきて、料理をふるまってくれるのをイメージすることが多いでしょう。そして、自宅やオフィスにそうした調理師の方を呼ぶことが出来るのは、富裕層の方に限られると決めてかかっている方も少なくないのではないでしょうか。確かに、お金がかかるサービスもあるので、こうしたイメージがついてしまいがちです。しかしながら、最近のケータリング会社では、むしろ一般企業や一般家庭向けのサービスを展開しているところも多いのです。その理由は、やはり一般家庭の方が人数も多く、それだけビジネスチャンスが大きいという点が挙げられます。こう聞くと、一般家庭向けのサービスは料金が安いからサービスもそれなりなのではないかと懸念する方も多いと思います。しかし、複数の会社のサービスをインターネット上で見比べてみても、サービスの質はそこまで悪くなさそうです。むしろ、ライバル会社との差異化を図るため、どこのサービスも低価格なのに質の良いサービスを心掛けているように感じます。このように、ケータリングはもはや富裕層のためだけのサービスとは言えない時代に入っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*