富裕層ならではのケータリングサービスの使い方

ヨットやクルーザーといった小型船舶(プレジャーボート)の上で食事を楽しむというのは、日本ではまだあまり一般的な遊びとは言えないかもしれない。欧米ではお金持ちに限らず非常にポピュラーな遊びとして知られており、多くの人びと週末の午後をマリーナに泊めてあるボートで過ごしたり、そこで食事をしたりして楽しんでいる。最近では日本でもプレジャーボートを所有しているような一部の富裕層がそういった夢のような遊び方を楽しんでいる。たとえば宅配ピザをマリーナの自分のボートに届けてもらって食事をするなんていうのは序の口の部類だろう。数年前からかなり高級なケータリングサービスも増えてきている。たとえば高級フランス料理店のケータリングサービスなどは、ワインやフルコースの料理をマリーナのボートの上でで楽しむことができるのだ。もちろん自宅で楽しむのもOKだが、非日常空間であるプレジャーボートの上で楽しむ問いのがいかにも富裕層ならではの愉しみ方と言えるだろう。ケータリングサービス自体、非常に多様化してきており、今後はさらに多種多様な料理でのサービスが増えてくるだろう。逆に富裕層の厳しい選択眼をも魅了するサービスでないと、これからの時代はサービス業として生き残れないのかもしれない。

富裕層が利用するケータリングサービス

ケータリングとはヨーロッパの富裕層が自宅にシェフを呼び、ホームパーティーの料理を提供したことが発祥とされています。現在日本でもウエディングパーティーやホームパーティーなどフォーマルな席で出来立ての温かい料理を振舞うのに多く利用されています。ケータリングは一流ホテルの有名シェフを招いて自宅で豪遊する富裕層のサービスという印象がありますが、現在では移動車で料理を販売するケータリングカーも普及しており、決して富裕層だけのサービスではなくなりました。確かに食材が豪華で、更に名が知れたシェフを家に呼ぶとなると値段が上がってしまうのは仕方ありません。例えば有名寿司屋を自宅に呼び、高級なネタを振舞ってもらうとすれば、お店に食べに行く以上の金額がかかるのは当たり前です。そこまでグレードが高いものでなくても、レストランのシェフが食事を作りに来てくれると考えただけで、自分で食事を用意している主婦ならありがたいものです。会場の設置、食事の配膳、後片付けまでの希望するパーティーを叶えるための全てのサービスを行う会社も増えてきているので、ただ高級な料理を作りに来るだけという本来のサービス内容からはだいぶかけ離れたものになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*